ヒューマンフローラの保湿力がホントにあるのかを試してみました

 

ヒューマンフローラ保湿力が気になる人は多いと思います。

美肌菌がどれほどの効果があるのか使ってみる前に知っておきたい人へ書いた記事です。

 

私も最近保湿力が低下してきていて、更に浸透力も明らかに落ちているので思い切って使ってみることにしました。

 

 

そして、まず従来の化粧品との浸け心地の違いですが、浸けた感触は特に変わりはないでした。しかし、どちらかというとややベタツキは強い傾向にあるかな?と思いました。

 

 

 

そして、浸ける箇所によってはピリッと肌が傷むところもありました

 

これだけ聞くとえっ?ちょっと不味いんじゃないの?という感想が生まれると思いますが、それは違いました 😯

 

ヒューマンフローラの説明書を読んでみると次のようなことが書かれていました。

 

ヒューマンフローラの説明書

 

ヒューマンフローラの説明書を読んでみると、

肌に浸けて、ピリッと刺激を感じられる部分があったとしても気にせずにそのまま塗りつづけてください」と。

これはどうゆうことなのかなと思ったところ、その箇所がどうやら肌が弱っている可能性がある部分らしいです。

 

 

 

これはビックリでした。ですので、ヒューマンフローラの口コミを読んでみても、「肌が傷んだ」「刺激があったので、やめた」「私は敏感肌なので、すぐに痛みを感じ使うのを中止しました。とても残念な気持ちです」のような記述がいくつかありました。

 

一方、

使い続けていたらニキビができなくなった

肌荒れが減って、肌が強くなった気がする

などの記述もありました。

 

 

ですので、ヒューマンフローラの効果はちょっと特殊で肌を強くするスキンケアというわけです。

 

但し注意として「ホントに肌に合わない可能性もある」ということ。基本的に肌を強くするために赤く腫れ上がった。

 

炎症したなどの口コミもあるためそれがどうゆうことが原因かは完全にはわからない部分がありますが、基本的には一度成分を確認する事を推奨します。

 

 

ヒューマンフローラを私が浸けてみて思った感想

 

私がヒューマンフローラを使用して思った感想はやはり特殊だと思いました。

 

感触としては乳液とか水っぽいクリームとかに感じます。

滑らかではありますね。しかも洗顔料やボディソープ、美容液もあるので多種多様ですね。

 

自分が使いたい箇所に適したものを使用することが大事です。色々あるので選びたい放題。

しかし、一つ問題があるとすれば値段がボチボチ高いことです。

 

 

なので、できればお試し用を使ってみてからのほうが良いかもです。

 

というよりも私もそれを使いました。そこからイメージして自分にあうのか選んだほうが得策です。

 

最後に

 

スキンケアは年々ドンドンお肌が変化して、「自分に合うもの」を探すのが難しくなっていきます。

 

もちろんそれは「自分の肌に合う化粧品が少なくなってくるから」という理由がありますね。

でも、それであれば「自分の肌を化粧品に合わせていく」という考えが必要になってくるでしょう。

私もきっかけはそんな感じです。でもそれが見つからないので困りますね。

 

でもヒューマンフローラは確かに肌を強くする効果が一定はあるのかな?と思っています。

 

 

今は肌の技術は医学的にも色々研究されてきているので、本当に綺麗な女性が多いのもそうゆう理由があるんだと思います。

ですが、そのためには正しい化粧品を使っていくしかありませんね。

 

 

自分の肌はある程度先天的に決まっていますが、齢を重ねていけば全員衰えます。

スキンケアは大変じゃーと思ってしまいますが、色々試すしかわかりませんね。私も頑張ります☆